どんな美容外科を選ぶべきか

美容外科選びは非常に難しいものです。一昔前なら口コミは効かず、他人に聞くわけにもいきませんでした。最近ネットの普及とともに、情報が入りやすくなったとは思いますが、やはり何を基準にするのかは迷うことでしょう。
私自身は銀座の寿司屋さんのようなものと思います。入るまでは怖いし、入って店主が頑固だったらどうしよう、高いお金を払って美味しくないなんて嫌だし、おやじの気分一つで値段は変わるし、食べたいものを注文したいけど頑固で、そんなもの注文しやがってというような目で見られないだろうか、何より時価でお金をいくら持っていって良いか分からない.....。どうですか、美容外科みたいでしょう。
美容外科って、入るまでは怖いでしょうし、医師が変な奴だったらどうしよう、言うことを聞いてくれなかったらどうしよう、高いお金を払って失敗したらどうしよう、医師の気分一つで治療法が変わり、費用が変わらないだろうか、したい治療法を否定されないだろうか、一体いくらかかるのだろうか.....。そうです。同じです。知らないから怖いのですね。一度行って大丈夫なら何度も行けるし、新しい店に行くこともトライできます。一度行って失敗したら当分行く気になんてなれません。

一般的な美容外科選びは、
医師が常勤で、診察から治療まで一貫して診てくれるかどうか
医師の資格はどうか(専門医など)
説明を十分してくれるかどうか

これらがよく言われることです。しかし本当にそうでしょうか。
常勤であることに関して、大学病院形成外科の教授の方々も美容外科で非常勤の仕事(アルバイトですね)をしています。ただ、医師が一貫して診ていかないとイメージを伝える患者さんの立場からは、自分の希望通りになるかどうか不安でしょう。説明した医師と手術をする医師が大手といわれるところでは異なることもありますが、説明した医師が立ち会っていれば大きく希望からは外れないでしょうし、カルテに詳細に記載していれば大丈夫かもしれません。医師でもないカウンセラーの説明だけで医師に希望を伝えることができないような所だと少し問題になるかもしれません。すごく難しいところですね、この点は。私自身は一貫して診療治療をしてはいますが。

医師の資格ですが、形成外科専門医は試験や面接もあり、広く認められている資格です。持っていた方がより良いでしょう。しかし、大学卒業時に形成外科を専攻していなかった医師は、なかなか学会に入れませんし、専門医を受けるまでの期間が足りません。でも腕が悪いかというとそうとも限りません。私の知人の医師で形成外科医でない人もいますが、手術はお上手です。より安心というレベルでしょう。

説明に関しては当たり前です。しかし私自身いつも思うのは、説明する時間ではなく、内容が大事です。1時間雑談をしても駄目です。要点をきちんとお話をして理解して頂く、余計なことを言い過ぎると本題がぼけてしまい、本人が混乱するなどということもあります。

じゃあ、結局どうすればよいのでしょうか。もちろん知人の紹介などが一番確実ですが、寿司屋と同じで情報を集めていくしかないでしょう。上記のものはあくまで参考であって、御本人と医師の相性が一番重要です。手術もダイナミックにいくんだという医師がいるかと思うと、無理は禁物、効果が弱くても控えめにという医師もいます。ご自身の性格と医師の考え方の相性が実は一番重要なことかもしれません。

ホームへ