どうして美容外科医になったのか

よく聞かれる質問です。私はもともと学生時代に形成外科でマイクロサージャリーというもの(切断した指をつないだり、ガンなどの手術で欠損した部分を作ったりする手術)に非常に興味があり、また形成外科の授業で今までの医学と異なったきれいにするという考え、造るということに驚きを感じました。形成外科はいかに綺麗に仕上げるか、自分の美的センス、幾何学的な造形力が問われます。3次元的に形をとらえ、それを人体で造っていくという純粋に神秘的な部分に強く惹かれたのです。それゆえ、学生時代から形成外科医局に出入りして、手術を見学したりマイクロサージャリーの練習(動物実験)に参加させてもらいました。
医者になって1〜2年は、あまり美容外科に惹かれてはいなかったのです。ケロイドや細胞の培養という創傷治癒(傷の治り方)の研究に熱意を注ぎ、形成外科の基礎学会という研究中心の学会ができた当初は色々と発表してきましたが、ふと行き着くところは傷に限らず患者さんを綺麗にすることだと感じ始めてきました。
この後日本形成外科学会の認定医(この時には美容外科的手術も少しかじっていました)となり、認定医を取得した医師のみが日本美容外科学会に入会できることを知りました。そんなにしっかりした学会なら是非入会しようと思ったのですが、会員の推薦2名がないと入会できないとのこと、周囲を探しても美容外科学会に入っている形成外科医が少なく、困ってしまいました。この時に医学博士を取得するときにお世話なった某大学形成外科の教授にお願いして、入会させていただいたのです。そして赴任した病院でスキンケア・レーザー治療を始めたところ、地方都市だというのに患者さんの希望は多く、こんなに皆さん真剣に悩んでいるんだと分かりました。また、患者さんに感謝していただく比率が通常の形成外科治療の時と全く同じで、密かに心の中にあった美容外科への後ろめたい気持ちが一気に溶け去りました。後はご高名な先生方の下で研修して、腕を磨きました。

その頃はまだ大学の形成外科で大きな手術をしたいという気持ちや研究をしたいという気持ちが強く、美容外科のみで仕事をしようとは考えていませんでした。しかし、丁度その時大学内で派閥争いがあり、形成外科はめちゃくちゃになってしまいました。私の将来もなくなったと宣告を受けました。「白い巨塔」の世界です(医療関係者ならみんな知っている、札幌医大形成外科に端を発した病院名義貸し問題というのも絡んでいます)。実はこういうことに巻き込まれるのは2回目で、医者の権力争いに嫌気がさしているところで、ある医療法人の支援話が出て、それなら院長としてやってしてみようと思い立ったのです。地方都市からいきなり東京というのは、みんなが無謀だといいましたが、きちんとした診療・治療は地方でも東京でも変わらないという信念のもと、始めたところ、予想以上に患者様から評価をいただきました。しかし、2004年5月、医療法人全体の業績の都合で、事業再編となり、閉院、自己開業をすることとなりました。医療法人理事長は申し訳ないと何度も仰ってくれたのですが、事業を完全に継承できなかったのは、やはりお金の絡む話ゆえ目をつけた人物の様々な思惑によるところです。医療の世界は高額の金銭が動く異様な世界であり、いい人ばかりではないと分かっていても、つい自分のしたい仕事があると、それを叶えてくれるということで信じてしまいました。しかし、もう今度は自分で開業ですから、やっと落ち着いて長期的展望で仕事ができると思っています。

今はレーザーが面白くて、新しい機械を使用させて頂く事も増えたことから、ある意味では研究を続けているかもしれません(アメリカで実施され始めたことが日本で自分が真っ先に実践できるというのは、ちょっと自尊心がくすぐられるのも事実です)。ただ単に単価の高いレーザー治療をして、お金を儲けてやろうとは思っていませんよ。
また、私のかつてのケロイド研究・創傷治癒の研究が、コラーゲンの生成機序に非常に関係しており、思いがけずしわやスキンケアの最新知識にリンクするので、過去の仕事がこんなに役立つとはひょっとして、医学の発展に貢献できるかもと期待して仕事をしてもいます。最近ではケロイドそのものの治療も患者様から評価をいただき、どうして個人開業医にこんなにケロイドの患者さんが集まるのかという状態で、形成外科医としては誇りに感じています。

以上長々とお話ししましたが、これで私という人物が少しでもお分かり頂けましたでしょうか。


戻る