美容外科とは何かを知りましょう

美容外科に関し、皆さんはどういうイメージを持っているのでしょうか。
美容外科とは正常な状態をより綺麗に改善することを目的とした医療です。形成外科との違いは初めの状態が異常か正常か、ここに尽きます。ですから形成外科治療において美容外科の技術と全く同じ手法を用いることもありますし、基本技術はかなり重なり合います。教科書的には美容外科は形成外科の重要な一分野であると定義されています。レーザーにおいても形成外科では古くからアザの治療などに導入されています。最近では多くの皮膚科医もレーザーに力を入れていますが、国内で古くからレーザーを扱っている医師の殆どは形成外科医です。
昔は二重まぶたや鼻を高くなど、本当の意味での美容外科のみが治療内容でしたが、最近はエステの普及に相まって、肌質改善やシミ・脱毛など守備範囲も拡がってきています。私自身は特にレーザーの治療に力を入れていますが、もちろん手術による形態改善が技術の基幹となります。

形成外科も含めての一般医療との違いで、もう一つ大きな点は結果が客観的に評価しづらいことです。シミなどは取れた取れないと評価しやすいのですが、例えばしわなどは、消すという治療はなかなかありません。朝と夕方の状態はそれだけで異なりますし、改善の程度というのは評価しづらいものです。手術に関しても、結果が上手くいっていても、本人の希望に沿わなければ失敗と言われてしまいますし、傷跡に関して御本人の抱いていたイメージと説明して医師が予定通りと思う傷跡との相違など、主観的な評価の部分が非常に大きなウェートを占めます。トラブルの殆どは、治療が効かなかった、イメージと違ったということになるのです。

さてさて、では美容外科が扱う治療内容を記載しましょう。

*しみ・そばかす・あざ
*しわ
*ほくろ
*入れ墨
*二重まぶた・目頭切開
*鼻を高く低く・小鼻の修正
*唇を厚く・薄く
*顎修正
*豊胸・陥没乳頭
*陰部修正
*耳の変形・ピアスの裂け目
*傷跡・ケロイド
*でべそ
*ワキガ
*植毛
*包茎

これらを全て扱っている医師は少ないでしょう。医師それぞれに得意分野もありますし、私自身はシリコンを使用する豊胸や大規模な脂肪吸引など全身麻酔が必要なものはクリニックレベルでは無理があると判断して、実施していませんし、植毛や包茎などは沢山は研修したことがありませんので、お断りしています。

これ以外に形成外科医独特の治療範囲もあります。
やけど・顔面骨骨折・皮膚悪性腫瘍・皮膚腫瘍・外表面の先天異常(唇裂や多指症など)・床ずれなど難治性潰瘍などです。

また、最近ではスキンケアの需要とともに、脱毛や毛穴の開き、ニキビなども皮膚科との境界領域として美容外科で多く取り扱うようになってきました。

以上が大まかな美容外科の守備範囲です。どうです。思ったよりも範囲が広いと思いませんか。

ホームへ