二重まぶた

二重まぶたの手術は割に多く行われる手術の一つです。しかし、色んなトラブルも多く起こっています。ここではそのようなトラブルがどうして起こるのか、防ぐ手段を含めてご説明します。

まず埋没法ではなく、切開法を勧める場合についてですが、これはまぶたが腫れぼったく脂肪が厚い場合です。しかし、私自身はまず埋没法を行って、どうしても糸がはずれる人はそこで初めて切開法を考えれば良いと考えます(私はこの場合、切開法と埋没法の差額を頂くことで、最終的に費用負担が余計にならないようにしています)。切開法は皮膚に傷跡が残りますし、一度できたラインを元通りにすることが出来ません。埋没法はこの点で融通が利くのです。最初から切開法を行って、それによるトラブルもいくつか見られるようです。これは医師の腕によるものは少なく、本人のイメージとかけ離れたことによるクレームです。傷跡が目立たないといっても本人の予想より目立っている場合やラインが気に入らなかった場合に修正不可能な点です。ただ、何でも埋没法というわけではなく、加齢によりたるんで二重の幅が変わってしまった人が若いときのようにしたい場合は最初から切開法を行う必要があります。

埋没法(クイック法と言うクリニックもあります)を行ってもっとも多いトラブルは糸がはずれて元の一重に戻ることです。これは避けられません。ある一定の確率で起こり得ます。この場合多くのクリニックは無償で再手術を行います。それよりも問題なのは、左右差が生じることです。これは医師の腕によるものであることは少ないのです。人間の目は多少なりとも左右異なります。蒙古ひだの状態や眼球の出っ張り具合などにより、まぶたの形に違いが出ます。それを無理に一致させようとするとちょっと人工的な目になります。本来の隠れたラインを生かして、ごく自然に二重を作り、若干の左右差がある方が自然です。元々二重の人の二重幅は左右異なるものです。あまりに左右対称ですと他人からは変に見えます。当院では本来の自然な左右差をそのままに(もちろんあまりにも違うということはありません)、元々二重であるかのように手術することを心がけています。しかし、十分な説明がないままに手術を行うと患者さんは左右同じになるものだと信じています。これがトラブルとなるようです。ここは非常に重要です。

ではどのように手術をするのかお話しします。まず事前にご本人に鏡を見ていただきながら実際に手術をしたらどのような二重になるかシュミレーションしてお見せします。ご納得頂いたらそのライン通りに糸をかけます。方法は一本の糸で2カ所糸をかけます。2点固定というものです(実際にはもっと沢山糸で引っかけていますから線状に固定すると言った方がわかりやすいでしょうか)。まぶたの中の糸は異物ですから出来るだけ少ないに越したことはありません。ですから最小の数の1本を原則とします。しかし一カ所の固定ではラインが一定しません。例えて言うなら、紙の上に点を書いていただき、線を引いてみて下さい。角度を変えればいくつでも線は引けます。しかし2つ点を書いた場合は一つの線しか引けないのです。つまり2カ所固定することで二重のラインは落ち着くのです。これを原則にしてさらにまぶたに無理な負担をかけず自然なラインに一致させます。この方法は札幌中央形成外科の武藤院長の方法で、40年ほどの歴史のある確実な方法「武藤法」として知られていますが、熟練を要する方法でもあります。私自身は直接ご指導を頂き、この方法の利点を理解し、用いさせていただいております。また、この方法は眼瞼挙筋といって、まぶたを開ける筋肉に直接糸をかけます。瞼板という、角膜に接する部分には糸をかけませんので、角膜が傷つくという最も嫌なトラブルが発生しません(普通の埋没法は瞼板に糸をかけます。熟練した医師がきっちり手術すればほぼ問題はありませんが)。コンタクトレンズの検診でまぶたを裏返されても気づかれにくい方法です。

さて手術後の腫れについてですが、腫れないということはありません。多少の腫れは生じます。他人が見たら気にならなくても本人や知っている人にとっては腫れているという状態になります。ですから手術後デートも大丈夫という宣伝には疑問が生じます。腫れが少ないということです。二重の幅を狭くするほど腫れは少なくはなります。ラインが落ち着くのは大まかには1週間後、完全には1ヶ月かかりますので、最低でも1週間の余裕を持って下さい。それ以外には内出血があります。これはある一定の確率で起こり得ます。目の縁にアイラインを引いたような紫色が生じます。1週間ほどでおさまります。これ以外は大きなトラブルはないでしょう。ただし、1点のみ留めるような方法よりは腫れは強く出るでしょう。

麻酔ですが、針で注射する以上全く痛くないわけではありません。少しは痛いと思って下さい。

ホームへ