広告と美容外科

広告は美容外科には必須です。広告が悪ではありません。これは非常に重要なことです。私自身も少々広告を出しておりますし、これがないと患者さんは来院されません。しかし、魔法のような言葉を並べて、痛くない・腫れない・傷跡が残らないというのは考え物です。痛みが少ない・腫れが少ない・傷跡が目立たないというのが正しい表現です。しっかりとした美容外科医ほど、治療後のリスクや失敗の可能性なども十分承知していますし、無責任な表現はしません。本来傷跡が目立たないはずの手術でも何らかの原因で傷跡がしっかりと生じてしまうことがあります。この場合は誠意を持って対応し、修正をしていきます(来なくなってしまう人が多いのも美容外科の悪いところでしょうが)。この点をしっかりと書きすぎると患者さんが不安がりますし、説明しないのはインフォームドコンセントという説明義務に反します。しかし、ある程度期待を持たせるような、行きたくなるような表現で誘導することは仕方がないことかもしれません。患者さんが来ないと成り立ちませんし、特に美容外科は口コミが効きにくい世界ですから。

また、広告を出しているクリニックが悪いということもなく、広告を出していないところが良いということもありません。後は医師の腕次第でしょうし、治療後のケアなどに誠意を持てるかどうかです。大手といわれる美容外科Oでも有名な凄腕のS先生はいます。個人でも失敗はあります。すごく難しいのです。医者としての腕と広告の才覚というのもまた異なります。

トップページへ