ホームへ  

医療レーザー脱毛

レーザー脱毛は、毛のメラニンという色素に反応しやすいレーザーを用いて、毛に光を集め、集めた光を熱に換えて毛根(毛母細胞・ステムセル)を破壊する治療法です。

毛に選択的な破壊を生じるので、基本的には皮膚に影響はありませんが、皮膚にもメラニンが毛ほどではないにせよ存在します。よってやみくもにレーザーを照射すればいいわけではなく、皮膚を冷却するなど何らかの表皮保護作用が必要になります。現在、新しいレーザー脱毛機は皮膚表面を冷却保護する装置が付いています(もちろん専門的な話をすれば光のエネルギーが熱に変わって放散されるまでの時間が毛と皮膚メラニン、表皮によって異なるので、これを上手くコントロールすれば問題はないのですが)。

レーザー脱毛は知識のない医師が行うと、時としてやけど・しみなどのトラブルが生じます。そのような状態に至らないため、皮膚を十分に観察する必要があります。いかに安全に、確実に脱毛するかということです。レーザー脱毛は医療行為です。医師の説明・診察無しには実施でき得ないものです。私自身は初回は必ず肌の状態を確認し、ビキニラインなどでなければ照射も行うようにしています。また、面倒でも治療をお受けになる方には医師による説明を受けていただき、十分に質問をされて、納得の上治療を受けてほしいと思います。もっとも現在のレーザーは滅多にトラブルなどあり得ませんが、機器に頼っていて万一ミスをした場合、肌の変化のみからやけどの危険性を回避するのには知識や技術が必要です。肌質も確認しないまま看護婦が流れ作業のように初回からレーザーを照射するのでは、単なる金儲けの手段でしかありません。なお、冷却装置の発展した現在、肌の色はもはやレーザー脱毛の強さ調節に大きな意味は持ちません。あくまでその時の反応を目で確認する作業が重要でしょう。

最近、医療レーザー脱毛を行うクリニックも数百件を数えます。患者さんもその選択に迷い、どのクリニックが良いのか判断できないのが現状です。費用だけでクリニックを決定している方もいらっしゃると思います。しかし、本来はアフターケアを含め十分な知識・技術を持って対処することが重要なポイントとなるでしょう。トラブルはどこでも起こりえます。いかに回避するか、また残念ながら問題が生じた際に適切迅速な対応をするか、これに尽きます。大きなトラブルを起こしたら、一生の問題となります。費用だけでクリニックを決めないよう、また医師の資格・経験を参考にして判断してください。私だけは大丈夫と思っても、万が一のことを考えてください。


なお、言うまでもありませんが、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーを使用しているクリニックでは、クリニックによって効果に差があるわけはなく、全く同じ効果です。レーザー機器はクリニックが製造しているのではなく、メーカーが製造しています。そんなに差があるわけはありません。特殊な名称を付けてあたかもオリジナルのレーザーのように謳っている所もありますが、レーザーは自分の所で開発できるような物ではありません。
上述のような副作用やその他トラブルなどで問題があり得るかどうかがクリニック選びのポイントなのです。

ひとつしかないご自分の体ですから、安全に確実な治療をお受けになって下さい。どうも最近はレーザー脱毛の普及に伴い、今まで考えられないようなトラブルが生じているようです。専門でない医師のもとでの治療や医療機関付属のエステ(?)での医療機器による脱毛など、私も十分に把握できませんが色々な営利機関があるようです。すべてが悪いわけではないですし、世の中に良いものが普及するのは当然のことですが、ちょうど過渡期になりますので、情報だけはよく収集して下さい。ご自身が情報を集め、きっちりと納得された上で安心できる医療機関に受診して下さい。


では、レーザー脱毛を謳っているエステとどう違うのでしょう。
エステでのレーザー脱毛機はクリニックのものと全く異なります。もし同じものを使っていれば医療法違反となります。というのは、クリニックでのレーザー脱毛機は医療機器だからです。出力も強いですし、医師にのみ使用が許可されるものなのです。効果の違いはあって当然です。レーザー脱毛は効かないとかいうのは医療レーザー脱毛には当てはまりません。レーザー脱毛が医療行為かどうかなど盛んに議論されていますが、どういう目的であれ医療機関以外での使用は法的に不可能ですことをご理解下さい。

どうしてレーザーで脱毛できるの?

レーザー脱毛は、ある波長の光は黒い色だけに特に強く反応する性質を持つということを利用しています。

つまり黒い色=毛です。

皮膚の中に存在する毛(つまり剃毛処理後の毛根部)に含まれるメラニンのみを焼くことで、それに付着する毛をつくる細胞(毛乳頭)を破壊し、周囲にはダメージを与えません。ただし、毛には発毛周期があります(毛が生えていない毛穴には効果はありません)し、一回の照射で毛根の全てが破壊されるわけではないため、通常数回の治療が必要になります。

なお全ての部位に脱毛が可能ではありません。色に反応するということは、色のない毛には反応しません。これは極端な例ですと白髪には効きませんし、うぶ毛も色が少なく反応が悪いものです。

ではレーザーが有効な部位を表記します。

1. ワキ・ひざ下・ビキニライン:殆どの方は満足いくレベルまで減毛可能。5平方センチあたり数本はうぶ毛が残る。

2. ひざ上・ひじ下・うなじ:満足いくレベルまで減毛も、若干残る毛の量が多い。たまに効果の落ちる人もいます。

3. ひじ上:肩周りは皮膚が厚く、また毛が再生しやすいので効果が落ちます。

4. ひげ:部分的に集中して残ることが多い。女性のうぶ毛は濃い人のみ有効。1ヶ月毎、多数の治療回数を要す。

5. 乳輪・へそ周り:効果はありますが、1/3は残ります。

6. 背中:濃い人は有効ですが、あまり期待はできません。

7. 陰部:粘膜近くは皮膚が弱いので照射しません。それ以外の部分はある程度効果があります。


<よくある質問>

Q:レーザー脱毛は永久脱毛ですか?

A:厳密には違います。減毛です。毛が生えないのではなく、細い産毛は生えます。密度もかなり減少します。ごく一部に通常の毛も混ざります。これはアレキサンドライト、ダイオード両レーザーとも同じです(なお、それ以外のレーザーの種類では長期成績は不良もしくは皮膚の障害が強いと報告されています)。両者の差は実際に論議されるほど大きくはありません。私自身アレキサンドライトレーザーの冷却装置付(冷却装置がないと痛くて、またやけどのリスクがあります)のものが一番優れていると思いますが、ダイオードより明らかに上かというと答えはわかりません。

Q:細い毛は剃っていればまた太くなりますか。

A:毎日神経質に剃れば多少太くなります。しかし、気になるような太い毛は生えないので、結局剃らないから太くなりません。わずかでも毛が生えたらいやだという方は針脱毛の方が良いでしょう。でも脱毛にかかる費用や痛み・手間を総合するとレーザーは非常に負担が少ないと思います。安全・簡単・確実・安価な治療とお考え下さい。

Q:20年後とかに生えたりしませんか?

A:レーザー脱毛はアメリカで開発されてから数年です。その間の脱毛効果はわかっていますが、当然20年後はまだ誰もわかりません。ただ、5年間生えなくて20年したら生えてくるかという事に関しては、理論的にはあり得ません。しかし、日本では6〜7年の観察期間しかありませんし、実際に広く行われたのはこの3年ほどのことです。欧米人と日本人の肌は違います。これからもっと詳細なことがわかってくるでしょう。

Q:レーザーはイメージとして怖いのですが、副作用がないですか?

A:レーザーは殺人兵器のような印象があるかもしれませんが、形成外科・美容外科に限らず実際の医療では広く用いられています。内視鏡や外科手術をはじめとして、内科・外科・耳鼻科・泌尿器科などでもレーザーは重要な一手段です。特に皮膚のレーザーに関しては、皮膚より深くは簡単には破壊力が届かないようになっています。照射する出力の調整や目に直接当てないなどの安全をきちんと留意すればトラブルは起こりません。脱毛時にあり得る副作用はやけどですが、これはよっぽど強く照射しない限り大丈夫です。多くの副作用は皮膚にシミができたり、逆に色が抜けたりということです。シミになることは時に起こりますが、永久に残ることはありませんし、そうそうしょっちゅう起こるものではありません(ワキなどはまず起こりません)。色が抜けてしまうというのは私自身は経験がありませんが、強く日焼けをした後などには起こり得ます。ですから過度に日焼けをしないようお話をしています。もちろんレーザーは自然界に存在する光の一つの波長を取り出して増幅させる装置です。ですから光自体には紫外線も含まず有害な成分はありません。CDプレーヤーもレーザーを用います。CDプレーヤーは危険でしょうか?また、時に毛嚢炎つまり毛穴に炎症が起こることがあります。原因は分かっていませんが、焼けた毛が皮膚に残り、刺激となることとそれに雑菌が反応するためではないかと考えています。1週間抗生剤を塗れば跡は残りません。
私自身色々なレーザーに関わって10年以上になります。その頃と違い、最近のレーザーは安全装置が2重3重になっていて、問題が生じたらレーザーが発射されないようになっているなど、メーカーも細心の注意を払っています。

Q:痛くないですか?

A:全く痛くないわけではありません。無痛といえば嘘になります。輪ゴムで軽くはじかれるような痛みを伴います。顔の脱毛ではちょっと痛いので事前に麻酔の塗り薬を塗ったりします。ワキや足などで我慢できない人はほとんどいません。少なくとも針脱毛よりは絶対に痛くはないです。針脱毛経験者の方は皆さんそうおっしゃいます。

Q:日常生活は普段通りですか?

A:特に制限はありませんが、治療期間中はあまりひどく日焼けをしないで下さい。照射後がしみになったり、また黒すぎてレーザーを当てられなくなったりします。入浴なども制限はありません。

Q:来院時気を付けることはありますか?

A:足などでは照射後皮膚が少し赤くなりますので、通院時にはミニスカートを履いてこないようにしていただきます。その他の部位も少し赤くなりますが、全て1日以内に赤みが引きます。あと、前日に毛は剃っていた方が皮膚に余計な負担がかかりません。毛は伸ばしている必要はありません。特にビキニラインはご自身の希望のライン通りに剃っていただいた方が何事もスムーズです。希望の水着を着用すると間違いないでしょう。

Q:焼けた毛はどうなりますか?

A:これも実際に治療された患者さんからよく聞かれる質問です。毛は焼けた状態で毛穴に残ります。無理に擦ると毛穴を痛めるので、そのままにしますが、ほとんどの場合服などに付着して1〜2週のうちに自然に脱落します。また、残った毛がかゆみを起こすことがありますが一時的で、時間とともに改善します。

Q:ワキの治療時間がクリニックによって違いますが、どうしてですか?

A:一番の理由はレーザーの機種です。新しい機械ほど早く照射できます。現在アレキサンドライトレーザーで1秒間に18ミリの円形に照射できるものが最新です。古いものでは9ミリという円形ですので、時間あたり4倍異なります。さらには口径の大きい方がレーザーの効果を強く出せるので、サイズの大きい方が何事においても良いといわれています。なお、ダイオードレーザーもほぼ同様です(確か16ミリの四角形が最新のものと思います)。それ以外にアフターケアの時間もあります。冷却装置のないアレキサンドライトでは照射前・中に氷で冷やし、また照射後に冷やしますので、その分時間がかかります。冷却装置付のアレキサンドライトレーザーではワキなどは照射後の冷却が必要ありません。結局機械は新しいものの方が優れているものです(電化製品と同じです)。機械の価格が安くなったのに性能が良いということで、患者さんにかかるコストも少なくなります。

Q:色々なホームページで、アレキサンドライトが良いと言ったり、ダイオードが良いと言ったりしていますが、本当はどうなのでしょうか。

A:ホームページ上では発言者が誰かわからないことも多いものです。実際にはアレキサンドライト・ダイオードとも脱毛効果に差はありませんし、だからこそ、ほとんどのクリニックできちんと結果を出しています。アレキサンドライトが効かないならとっくに社会問題になっているでしょうし、その逆にダイオードでももちろんです。確かにあるメーカーのアレキサンドライトレーザーは冷却装置がなく、トラブルが起こることもありますが、先発機種であり、昔はそれしかなかったのですから仕方ありません。良心的なクリニックはきちんと冷却し、問題のない様にきちんと対処しています。私の恩師である先生のクリニックで研修中も冷却装置なしの旧タイプを使用していましたが、問題があったのを見たことはありません。良い結果を出していました。結局は良心的に、医師がきちんと肌を確認して治療しているかどうかです。医師が患者の肌を見ないクリニックではいくら理論的に偉そうなことを言っていても、現実は明らかです。色んな情報が溢れていますが、要はこれが本当に良識ある内容なのかどうか見抜く力です。医療のみが聖域ではありません。医者が嘘をつかないわけではありません。インターネットの常というものです。


私の使用しているレーザー脱毛機
キャンデラ社製アレキサンドライトレーザー

レーザー治療

ホームへ

 ニキビ レーザー脱毛 トータルアンチエイジング シミ・そばかすレーザー ほくろのレーザー治療 しわ 入れ墨 ワキガ手術