アンチエイジング(しわ)

加齢に伴うしわやたるみなどは気になさっている人も多いと思います。もちろんたるみには手術が最適ですが、小じわのレベルまで全て手術で解決できるとは限りません。逆にメスを用いないとどうしても改善できない部分もあるのです。では、どういった基準でこの適応を決めるのでしょうか。それは御本人の希望(休める期間があるかどうか、手術に対する抵抗感など)という患者さん本位の部分と、しわの程度などを医学的に評価した上での医師の考えとの2つの部分で成り立っています。これを話し合い・カウンセリングで上手く消化して、最適な方法を見つけていくのです。医師任せで気がついたら手術というのでは良くありません。私自身は患者さんの希望がまず最初にあるべきで、それでどうしても無理なことは無理としっかりお話をして、医師の考えをお伝えしていくことこそが最良と考えます。

では以上を参考にして、実際にしわ対策としてどういったものがあるかお話をしましょう。

手術

まず、たるみには手術が最良です。頬外側や顎の部分ならフェイスリフトといって、耳の前を切って皮下脂肪の直下にあるSMASという皮膚をつり下げている膜を引き上げ、リフトという言葉に表されるように全体を引き上げます。傷跡は耳の前ですとさほど目立ちませんし、基本的には耳の前の部分の複雑なカーブに沿って切開するので、耳たぶの部分以外は傷として認識されないようにもできます。耳の裏面は少し傷が目立ちますので、美容室に行ったりするとばれるでしょう。
目の下なら、ブレファロプラスティという方法を用います。下まぶた・睫毛の生え際の下を切り、飛び出してきた脂肪を除去しつつ、筋肉を外側に引っ張り上げ、固定します。その上で余った皮膚を切り取ります。これで目の下の弛んだような印象を改善することができます。上まぶたなら切開して余った皮膚を切り取り、さらには目を開ける筋肉を少し処理して、目が綺麗に開くようにします。

しかし、これら手術はかなり長い期間腫れや内出血が生じますし、傷跡などのリスクもあります。場合によっては修正手術を要することもあります。

注入療法

たるみを引き上げるわけではありませんが、窪んでしまった法令腺などにヒアルロン酸を注入し、ふっくらと見せたり、まぶたの下のたるみによって生じた窪みに対し、慎重に注入することで膨らませることもできます。私自身これはかなりの例を経験し、良い方法だとは思うのですが、いかんせんたるみを取っているわけではないので、若い頃のようになるというよりもふっくら見せるものと説明をしています。もちろんこのヒアルロン酸は自然に吸収(半年から1年)されますが、3年半ほど経験した印象では、何度か注入すると、時間が経っても少し残っているような印象を受けます。これはヒアルロン酸そのものかなとも思いますが、自身のものに置換したのかもしれません。このヒアルロン酸の変わりに永久的な効果のある自己脂肪を手術的に注入することも一手段です。最近はよく用いる手法です。
一方軽いしわで、ひふをひっぱると消えるようなものにはコラーゲンが最適です。これも時間とともに消えてしまいます(4〜6ヶ月)。定期的に注入が必要なこと、アレルギーのリスクがあることが欠点です。アレルギーに関しては、事前に皮内反応テストといって腕の皮膚などに試験注入し、1ヶ月ほど様子を見て赤みが出ないようなら本格的な治療を実施するという手間が必要です。元々牛由来であるためですが、現在人由来のものが出てきました。本当に安全かどうかはまだ分かりませんが、アレルギーの心配がないことなど期待が持てます。ただ、コラーゲンは遅発反応といって、何でもなくても2回目の治療後などに赤くなってしまう人が数百人に一人います。私も2人ほど経験しましたが、正直言って申しわけない限りです。なおコラーゲンは目の際(目尻は大丈夫です)には使いにくく、皮膚が薄い部位だとコラーゲン本来の色が透けて見えてしまいます。

レーザー

最近流行のレーザーですが、現在登場したものはまだまだ効果が弱いのが殆どです。以前は炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザーといって皮膚を実際に削ってしわを取るような方法が行われましたが、効果も強い反面、治療後のシミが生じたり、約2週間ほどかさぶたができるなどの欠点があるために、最近ではあまり用いられません。
今行われているものはノンアブレーティブといって、かさぶたを作らずマイルドに変化を出していこうというものです。正直に言ってしわが消えたねと言える人は1〜2割です。大多数は肌の張り感が生じてふっくらしたり、肌を拡大するとキメがしっかりと出て来るというレベルです。私はNライトという機種を用いていますが、きちんと照射するとほぼ全員の方にキメがしっかりと改善しているのを認めます。しかし自覚的にこれを感じるかどうかが微妙なところです。効果はあるけど分からない人もいる、そのために大きな期待はしないということ、予防半分ということを説明しています。このレーザーはコラーゲンを増やす作用があるために、将来的に減ることが確実なコラーゲンをしっかりと作っておき、またこれを作る細胞(線維芽細胞)を活性化しておくという意味では非常に理にかなった治療法です。またスムースビームという機種も最近Nライトと併用するようになりました。これは熱にて皮膚の下を破壊し、強制的にコラーゲンを作るレーザーですが、痛みが強いために小範囲だけNライトの補助的に用います。

ピーリング

クリスタルピーリングやダイヤモンドピーリングのような肌を削っていく治療法は節度を守れば非常に有効です。きめを整えたり、化粧のりを良くするレベルといえばそれまでですが、かなり多くの方がスキンケアの一環として治療に取り入れています。クリスタルピーリングは肌にアルミニウムの粉を吹き付け、吸い込みながら環流させ、その勢いで皮膚表面角質を削ります。ダイヤモンドピーリングというのは同じようなものですが、金属のパーに研磨用のダイヤモンドが蒸着されており、より平らな面に向いています。ケミカルピーリングは肌つやは良くなりますが、しわに関しては前2者に劣ります。

トップページへ

 ニキビ レーザー脱毛 トータルアンチエイジング シミ・そばかすレーザー

 ほくろのレーザー治療 しわ 入れ墨 ワキガ手術